50代の出会い系ユーザーが抱えるリスクに注目!体験エピソード紹介

50代ユーザーとリスク

 

出会い系サイトを利用しているとよくわかるのが、最近50代を超える中高年も出会い系サイトを利用している人が多くなってきたということです。

 

今日のように出会い系サイトが隆盛してメリットがあったことは、性的マイノリティや恋愛弱者がインターネットを通じて交際相手を見つけることができるようになった点です。

 

なぜ50代の中高年が出会い系サイトを利用しているかというと、職場や地域のコミュニティでの新しい恋愛に発展する出会いの可能性が少ないからです。

 

リアルの場で恋愛が成就しやすいのは、やはり20代~30代くらいまでの若い世代です。
50代以降になると結婚もしていて子供もいたり、生活の基盤が確固としてあるので、新しい非日常的な恋愛体験というのは始めにくいという特徴を持っています。

 

しかし、アダルトビデオ業界などを見ても「熟女モノ」や「人妻モノ」などのニーズは常に一定数あり、50代女性はおろか、60代の女優を扱った作品も数多く存在しています。

 

また、女性も若い男性よりもおじさま好きの趣向を持つ女子は一定数存在しています。

 

このように性的にもまだまだ勢力盛んな中高年の新しい出会いの場として出会い系サイトは活用されています。

 

男性も女性も50代を過ぎて離婚をしてしまい、新しいパートナーを求めてサイトに登録することが多く、「バツイチ同士で意気投合した。」「出会い系に登録したら新しい出会いがあった」など多くの成功体験が寄せられています。

 

 

 

中高年が出会い系を利用する際の注意点

ビックリ

 

ただ、注意したいのは、中高年の男性も女性もある程度のお金を持っていることが多く、サクラ業者や出会い系サイトなどで活動する詐欺的業者のターゲットになりやすいという点です。

 

「出会い系サイトに登録して新しい出会いがあるかと思ったら、美人局にあって数百万円取られた。」「結婚を求めて出会い系に登録したら、若い男に騙されて貯金を奪われた。」など手痛いダメージを負うことも少なくありません。

 

50代以降の人が出会い系を活用するためには、こういったリスクもよく意識して優良なサイトに登録することが求められます