出会い系で異性の誘い方がわからない人のためのメソッド

上手なアプローチ方法

 

出会い系サイトに登録して、プロフィール情報や画像を登録したら、実際に好みの異性を探してアプローチをしていきます。

 

好みの異性を見つけて実際にメールなどで連絡を取り合って、リアルのデートなどにこぎつけるためには、上手にアプローチしていくことが求められます。

 

アプローチに関しては、女性からしてはダメということはありませんが、普通は男性から女性に対して行うものですね。

 

ただ、あまり慣れていない男性にとって女性に対してアプローチを上手に行うというのは、非常に難しいものです。特にメールだけでコミュニケーションを取らないといけない出会い系のアプローチはけっこう細かな気の配りが大切になってきます。

 

まず、女性に対してアプローチをするには、女性に警戒感を持たせてはいけません

 

女性は精神的に重圧がかかるのを嫌うので、ただ強引なアプローチ方法はよくない例の典型です。
どうしても男性は「俺が、俺が!」と自己中心的な発想を持ってしまいがちですが、如何に相手を楽しませてエスコートするかがポイントです。

 

女性に対してアプローチをする上で大切なのは、女性に選ばせたり決めさせたりすることで、「自分がこうしたい」という願望をダイレクトに伝えようとすると女性は逃げていきます。

 

 

警戒させないアプローチ方法

メールのやり取りで仲良くなった女性をはじめてデートで誘い出すときの注意点をご紹介します。

 

手とポイント

 

まず大切なのは、女性に警戒心を抱かれないことです。
女性にとってアプローチに応じても、それほど重荷にならない精神状態に持ち込む必要があります。

 

例えば、「今度一緒に食事しませんか?」「レストランに予約を取って食事をしませんか?」という無難な誘いは逆に女性にとって、「何か裏があるのかも?」「何をたくらんでいるのかしら?」と何かを想像させて、逆に警戒心を高めてしまいます。

 

このように誘うよりもより具体的に、「前から○○さんが好きだったアーティストのライブのチケットを取ったので一緒に見に行きませんか?」と相手の興味・関心をよく理解した上で誘うと女性にとってもデートの目的がはっきりするので応じやすくなります